さくらおろち湖サイクルロードレース 第2戦

今回も前日入り。

一度走ったコースのため、試走はコースの下見というより、

自分の状態の把握、上半身や下半身の動きを確認することがメインでした。

走った感じは、だるさや、

登りのシッティング、ダンシングはしっくりくるものの、

平地や下りでは踏めない、、ペダルに力が伝わらない?ような感じで

あまり良い感覚ではありませんでした。

また、サドル位置や足裏感覚など気になることも多く・・・

私の場合、レース前日は明日レースだからと備えているのか、

自分のやる気スイッチを切っているのか、このような状態になることが多いので

感じた感覚は大事にしつつも気にしない思考で!

当日の朝も脚が筋肉痛のようなだるさ…

最近いただいたオイルを塗って、ストレッチなどを軽く行ってスタートしました。

身体が本調子でないと感じていましたが、意識をレースへ!とする必要もなく、

レースになると前日感じた違和感や今朝の脚のだるさなど些細なことは

全く問題なしでした。笑

やはり気持ちの問題であったようで… 心と身体って面白いなと。

 

前回、4km地点までローリングのはずなのにやたらと速かったため、

今回もアップで少し心拍を上げるなど、少々身構えていましたが、

1kmの登りでもスローペース。

ホッとしたような、気持ちが空振りしたような..

リアルスタートからもガンガン引く感じはなく、

下りは踏まないと置いていかれてしまうけど、平地はどちらかというと

休めるペースでした。

ただ毎周回、登りではペースアップ。しかし登りの感覚も悪くなく、

筋肉の状態も良いようでちゃんと追い込める!

登りにおいて、シッティングでのハイペース維持の筋力はまだ足りませんが、

ダンシングではいけるので現段階では〇かなと。

また最近練習で、ギリギリの状態で登りの頂上に到達した時、

そこがゴールと思ってふっと力を抜いてしまいがちで

前と離れてしまう傾向があることを指摘してもらったことを思い出し、

きついけどあと10秒!、前にくらいついてその先の下りに入るところまで

我慢我慢という意識で走れたかなと。

今回の目標は1周12.3kmを22分台でで回ることでした。

第1戦では1周目のハイペースでオールアウト状態になり

2、3周目が回復周となってしまいましたが、

今回は私にとってもいいくらいのペースだったからか、目標達成の21分台でした。

今回もレースには変わりありませんが、「勝つ」ことではなく、

集団走行、レースの読み、積極性をメインに走りました。

登りでのアタックに反応したり、ローテーションに加わったりと

国内ではあまりない貴重な機会なので、男子に混ぜてもらい、

意識して走ることで得るものは多かったように思います。

 

レースは途中、逃げも何度かありましたが、ゴールは集団。

ラスト800の登りは5番手で突入しましたが、抜かれぬかれ11位。

前回とは違うレース内容で、充実したものでした。

 

5月もあと少し、そしてこれが全日本前ラストのレース。

もう突き進むだけです。

 

5.28

2017年5月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : yumiko